« 須磨海づり公園西海岸でアオリイカ1杯です。 | トップページ | 須磨海づり公園西海岸で、アオリイカ(小)&タコ(小)&ケンサキイカです。 »

2012年9月21日 (金)

須磨浦漁港大波止でボウズです。

■場 所:神戸 須磨浦漁港大波止
■時間帯:AM 4:55~AM 6:40
■釣 果:なし
■ロッド:12フィートの振り出しのシーバスロッド
■リール:3500番クラスのスピニングリール
■ライン:PEの2.5号に、フロロの8号のリーダー
■使用ルアー:シマノ サルベージ 8.5cm 27g
            (ワイヤー約20cm使用)
       ダイワ T.D.ソルトペンシル ドラドチューン11cm 26g

 須磨浦漁港大波止に釣行です。
 釣り場に着くと波止の先端付近に3人ほど先行、中央より少し北側に入りました。
 4:55頃、シマノのサルベージをセットして釣り開始。
 5:20頃に足元近くでガツンとうい感じのアタリがありましたがフッキングせず。タチウオ?
後が続くかと期待しましたがその後反応なし。
 6:00頃、ルアーをT.D.ソルトペンシルに交換しましたが全く反応なし。
 今日もベイトフィッシュは確認出来ずボイルもなしで6:40頃納竿です。wobbly
Suma
 コーナー付近でタチウオが1匹上がっていたそうです。
 昨日も全体でタチウオが1〜2匹という状況だったそうです。

|

« 須磨海づり公園西海岸でアオリイカ1杯です。 | トップページ | 須磨海づり公園西海岸で、アオリイカ(小)&タコ(小)&ケンサキイカです。 »

海のルアー」カテゴリの記事

コメント

釣行お疲れ様でしたsign03

明日、須磨浦漁港に行こうかと考えてたんですが厳しいみたいですねcoldsweats02せめてベイトが確認できればいいんですがhappy01sweat01sweat01

去年だっと思いますが、MaverickさんがT.D.ソルトペンシルでメジロを仕留めてましたよねぇ?happy01
ゆっくり巻いてると立ち泳ぎしてるみたいで早く動かせばうまく泳げてないみたいで、イマイチ扱い方が分からないんですが、よかったら教えて頂けませんかsign02coldsweats01

投稿: ヒロ | 2012年9月21日 (金) 18時37分

ヒロさん
 以前にも何度か同じ質問をされたことがあるので、ほとんどその時の返信のコピペになりますけど。

 小生も我流ですし、また文章では説明しにくいですけど。

 基本は※ウォーキング・ザ・ドッグアクションです。(※詳しく解説しているサイトがある様です)
 リトリーブスピードは感覚的なんで説明しにくいんですが、シンキングペンシルが沈んでしまわない程度に早くて、ルアーの首振り(ウォーキング・ザ・ドッグ)で暴れてしまわない程に早いスピードです。

 T.D.ソルトペンシル ドラドチューンの、シンキングタイプを使用しているので、ルアー着水後、できるだけ早くリーリングを始めます。(ルアーを浮かせて表層をキープ)
 ルアーが遠くにあるときは竿を立て気味でリーリングします。(ルアーの頭を少し持ち上げるイメージ)
 竿をチョンチョンと小刻みにしゃくりながらリーリングします。(チョンチョンとしゃくることによってルアーの頭が小刻みに左右に振る様な。ルアーがふるえる様な。ウォーキング・ザ・ドッグアクション風。)
 時々素早く、強くしゃくってスプラッシュさせます。(1回だったり、連続したり)
また、たまに竿を左右に寝かしてしゃくり、ルアー左右に動かしてルアーの動きが直線的にならないようにもしています。(チェイスして、すぐ後ろを魚が追って来ているときにも有効みたいです)
 タイミング良くルアーがボイルの向こう側に着水し、ルアーがボイルの中に入ると2~3回しゃくっただけでもヒットすることもよくあります。

 ルアーにアクションを付けることによって、前針にラインがからんでしまうことがありますがこれはトップの宿命かもしれません、同じルアーを使っていても絡む頻度が日によって違うこともあります。(その日の微妙なアクションのタイミングによるのかも?)
さらに大きくアクションを付けることなどによってほどけることもあり、その後にヒットってこともありましたけど・・・

 基本的に青物はシーバス狙いより早め(ルアーが暴れてしまわない程度)に引いた方が良い様で、ルアーを止めるのもあまり良くないみたいです。(特にシオの場合)
アクションや引く方向なども単調にならないほうが良いみたいです。

 ルアーが戻って来て近づいてくると、竿先をを徐々に下げます。(近づいてくるとルアーの頭が上がりすぎになるので)
竿先の高さは釣り場の足場の高さによってもケースバイケースで異なります。(ルアーの頭が下がりすぎず、上がりすぎずのイメージです)
 メジロが足元近くでもヒットすることがあるので要注意です。

 このサイズのルアーのタックルになると、竿を立てながら連続にチョンチョンアクションをつけたり、しゃくったりしてキャスティングを繰り返すので、特に竿を持っている方の腕がかなりしんどいです。

 大蔵海岸やアジュール舞子のベランダの場合だと、前に柵があるので柵に近づくと、より竿を持ち上げなければアクションが付けにくいので腕がだるくなってしまいます。

 だいたい上記のイメージを基本にして使用しています。
 我流ですけど、こんなので参考になりましたでしょうか?

投稿: Maverick | 2012年9月21日 (金) 21時32分

大変詳しく説明して頂き恐縮ですwobblyありがとうございましたsign03

僕のはドラドチューンのフローティングタイプですが、基本的なロッドアクションは一緒でいいですよね?coldsweats01
説明して頂いた文を読んでいたら、いかに自分が単調に扱っていたのかが分かりましたwobblysweat01sweat01
メタルジグの時には動きをイメージしながらしゃくってるんですが、ミノーなどの時はほぼただ巻きでしたcoldsweats02

ルアーがはっきり見える距離でもロッドを下げずに巻き続けてたのが、頭が上がり過ぎてた原因ですねcoldsweats01

今まで釣れたのは運が良かっただけで、自分が喰わせた訳じゃないと思いますimpactimpact
説明して頂いたのを参考に試行錯誤し、アクションをつけた直後に喰わせて『動きで喰わせた』と胸を張って言える様に頑張りますhappy01paper

本当に詳しく説明して頂いてありがとうございましたsign03sign03

投稿: ヒロ | 2012年9月21日 (金) 23時34分

ヒロさん
 フローティングはシンキングよりスローに使えるので、シーバスに良く使ってました。
 須磨のベルトコンベアがなくなってから、シーバスのボイルを見るのが激減で出番が少なくなってしまってますが・・・

 小生もまだまだ試行錯誤を繰り返しながらやってます。
他にもいろんな使い方があると思いますので参考程度に。

投稿: Maverick | 2012年9月22日 (土) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 須磨海づり公園西海岸でアオリイカ1杯です。 | トップページ | 須磨海づり公園西海岸で、アオリイカ(小)&タコ(小)&ケンサキイカです。 »