« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年3月

2012年3月27日 (火)

塩屋漁港西ベランダで、ガシラ小1匹、メバル小1匹です。

■場 所:神戸 塩屋漁港西ベランダ
■時間帯:PM 5:40~PM 7:20
■釣 果:ガシラ小・メバル小
■ロッド:7.6フィート ライトロックフィッシュロッド
■リール:1500番クラスのスピニングリール
■ライン:ナイロン4ポンド
■使用ルアー:オリジナルのフェザージグ

 塩屋漁港の西のベランダに、メバルのチェックに釣行しました。
Sioya1
Sioya2
 釣り場に着いた時には、エサ釣りの釣り人が1人入っていました。
 5:40頃、フェザージグをセットして釣り開始。
 ベランダの足元や、少し前のカケアガリ付近に小さいメバルがチラホラ。それに混ぢって16~18cmほどのメバルも時折姿を見せていました。
 釣り始めてすぐにカツンとアタリがあり、同時にカケアガリ付近で反転して逃げるメバルも見えましたがフッキングしませんでした。
 その後アタリなし。
 ベランダの際とテトラの回りにしっかりとワカメがはえて、潮の動きで思わぬ方向にのびて来るのでフェザージグを1ヶロストです・・・
 釣り人の入れ替わりがありましたが、平日なのにファミリーフィッシングのグループや、他に3人ほど釣り人がやって来ていた様です。
 エサ釣りの人は(常連さん?)ぶっ込みでガシラを狙っているとのことでした。

 7:00前に15cmほどのガシラが釣れました。
Gashira
 7:00頃に上がる予定でしたがガシラが釣れたので少し延長することにして釣っていると、7:10頃に今度は13cmほどのメバルです。
Mebaru
 更に7:20まで延長しましたが、その後は反応なく納竿です。

 明るい内に見えたメバルが、暗くなると活性が上がるかと期待したんですが、釣っている間には活性が上がる様子なしでした。

| | コメント (5)

2012年3月21日 (水)

アジュール舞子のサーフでボウズ。友人はスズキ・・・

■場 所:神戸 アジュール舞子
■時間帯:PM 5:50~PM 8:45
■釣 果:なし
■ロッド:7.6フィート ライトロックフィッシュロッド
■リール:1500番クラスのスピニングリール
■ライン:ナイロン4ポンド
■使用ルアー:ザウルス トラウト・ヴィブラ4.0cm 3.0g

 今日は友人のヒサキチ君と2人で、アジュール舞子のサーフに釣行。私はチヌ狙いがメーンです。
 浜には他に釣り人がいなかったので、ヒサキチ君はサーフの西寄り、私は東寄りに入って5:50頃釣り開始。
Imgp3269
Imgp3284
 6:10頃ヒット !! 妙な引き方をし、妙なジャンプをされてフックがはずれてしまいました。
40cmほどの魚体(腹)が見え、ハネの様でしたがスレ掛かりの様だったのでボラというのも否定できません・・・
 後が続かなかったのでどんどん西に探って行き、6:40頃にヒサキチ君の近くまで戻った所で、根掛かりの様な感触があり、竿をあおるとドラグを引き出して動き始めました。
 底をゆっくりと引く感じで、そこそこ重量感もあったので、35cmは越えていそうなチヌの様に思えました。
沖に向かってゆっくり走ったので、追い掛けする余裕もあり、これは取れると思って、ブログネタもバッチリやな〜などと余計な事を考えているとフックがはずれてバラしです・・・crying
 ヒサキチ君にもドラグが引き出される音が聞こえるほどの近さだったの、バラすのをしっかり eye 見られてしまいました。
 ヒサキチ君は少し前に40cmアップのハネをバラしていたそうです。
 しばらくヒサキチ君の近くで釣っていましたが反応なく、私は再び東寄りに移動。
 移動早々ハネっぽい?アタリが2度ありましたがフッキングしません。
 その場所を少し休ませるつもりで、サーフの一番東の岩場近くにまで移動。
探りながら戻って、ヒットポイントに近づいた時、ヘッドライトをつけた人が近づいて来てヒットポイントの近くに入られてしまいました。
投げ釣りの釣り人でしたが、ライトでその辺りの海面を何度も照らすので、チヌは期待出来そうもなくなり、その場所をあきらめて西にどんどん移動し、再びヒサキチ君と合流。
 ヒサキチ君には反応がなかったそうです。
 ヒサキチ君と少し離れた東側に入り、ウエーダーで立ち込んで釣っていると8:10頃、40cmほどの黒い影が西から流れて来る様に見えました。
引き潮の流れで海藻の塊でも流れてきたのかと思っていましたが、立ち込んでいる足にはそんなに流れを感じないのに?と思って見ていると、少し潮下に行った物体が反転して戻って来てすぐ近くをウロウロ動きます。
 使っていた7.6フィートの竿より近くまで寄って来たのではっきり40cmほどのハネだ確認。
 鼻先でルアーを引いてみましたが反応せず逃げて行ってしまいました。
 今は食い気のない時間帯かな?と思っていたら、その直後にヒサキチ君が手に何かぶら下げて近づいて来ましす。
 近寄ってきた時には、暗がりだったのであまり大きく思っていなかったんですが、68cm、2.2kgのスズキでした。
(花粉症のマスクの下で、ちょっぴりドヤ顔shine
Imgp3298
 ルアー:ミニマル50mm。ライン:PE0.4号。リーダー:フロロの5ポンドだそうです。
 その後ヒサキチ君は15cmほどのガシラを釣りましたが、私にはアタリはなく、結局私はボウズで8:45頃に納竿です。

 例年、この場所でもそろそろメバルが釣れても良い頃なのに反応なしです。小さいのはfishいることにはいるみたいなんですが・・・
 いつも波打ち際に近いところで、15mほどの幅でホンダワラ系海藻が密集しているエリアがあるんですが、今現在は点在しているだけなので、それも影響があるのかな?
 メバルのサーフへの接岸が遅れているだけなら良いんですが。

 私はアジュールの魔物にでも取り憑かれたか?バラしばかりです・・・crying

| | コメント (7)

2012年3月 8日 (木)

アジュール舞子のサーフでガシラ1匹です。

■場 所:神戸 アジュール舞子
■時間帯:PM 5:50~PM 7:10
■釣 果:ガシラ 20cm 1匹
■ロッド:7.6フィート ライトロックフィッシュロッド
■リール:1500番クラスのスピニングリール
■ライン:ナイロン3ポンド
■使用ルアー:ザウルス トラウト・ヴィブラ4.0cm 3.0g

 本日もリベンジのつもりで、アジュール舞子に短時間のチヌ狙いです。
 釣り場に着いた時には、エサ釣りの釣り人が良い場所に1人入っていました。
シラサエビをエサにした探り釣りの様です。
 その釣り人から離れた東側に入り、5:50頃にトラウト・ヴィブラをセットして釣り開始。
 今日は昨日の小魚は見あたりません。
 魚の掛かりが悪いので、試しにフックを1サイズ大きいダブルフックに交換して来たんですが今日は全く反応なし。
 7:00過ぎにエサ釣りの人が帰って行ったので、帰る途中にその場所もチェック。
 2投目に海藻のクズが引っ掛かった様な感触あり、竿をゆっくりあおるとグングングンと引くので魚か?と思って引き揚げると20cmのガシラでした。
 そのガシラの写真を撮り、7:10頃納竿です。
Imgp3200
 エサ釣りの釣り人のいた辺りに、ビニール袋とえさ箱のようなゴミが放置されていました。
 その釣り人が入る前からあったゴミかもしれませんが、綺麗なサーフなので釣り人が置いていったゴミなら残念です。sad

| | コメント (7)

2012年3月 7日 (水)

アジュール舞子のサーフでボウズです。

■場 所:神戸 アジュール舞子
■時間帯:PM 5:50~PM 7:00
■釣 果:なし
■ロッド:7.6フィート ライトロックフィッシュロッド
■リール:1500番クラスのスピニングリール
■ライン:ナイロン3ポンド
■使用ルアー:ザウルス トラウト・ヴィブラ4.0cm 3.0g

 前回(2/24)のリベンジのつもりで、アジュール舞子に短時間のチヌ狙いで釣行です。
 釣り場に着いた時には、浜には釣り人がいませんでした。
Imgp3181
 5:50頃に、トラウト・ヴィブラをセットして釣り開始。
 7cmほどの小魚の、小さな群れがウロウロしているのが見えました。
スリムな魚体ですがイワシではなく、サイズからして今の時期のイカナゴの新子でもなさそうで、正体不明の小魚でした。
 探りながら移動して釣っていると6:00過ぎ頃にヒット !!
少し横に走られ、少しドラグを引き出されてフックがはずれてしまいました・・・gawk
あまり大きくなさそうでしたがチヌっぽい感じです。
 探りながら移動して行くと、先ほどの小魚が何か(小型のシーバス?)に追われて数匹海面に飛び出すのが見えました。
 すぐにその辺りキャストしてみましたが反応なし。
 7:20頃に釣り人が2人やって来ました。一人が近づいて来て手を振るので、よく見ると友人のヒサキチ君でした。もう一人は相棒のヤス君です。
丹後にヤリイカを狙いに行っていると思っていたんですが、今年も丹後辺りのヤリイカは苦戦だそうです。(ヒサキチ君のブログはパソコンが壊れてから休止状態です)
 久々の再会だったので、話しながら釣っているといきなりヒット!!
 ヒットと同時にドラグを引き出されましたがまたフックがはずれてしまいました・・・crying
これも小型のチヌっぽい感じです。
 それを見ていたヒサキチ君も彼のお気に入りポイントに移動して本格的に釣り開始です。
 その後はクサフグの様なアタリが1度ありましたがフッキングしません。
 スレで先ほど見た小魚が引っ掛かってきました。手にとって確認しようとしましたが、暗い中、老眼が進んだ目ではイワシ、イカナゴ、キビナゴではないことは分かるんですが正体がわかりません、キズが浅かったのでリリース。
 すぐに2匹目が引っ掛かって来たので、今度は写真を撮影(砂まみれになってしまいましたが)camera
Imgp3192
 ヒサキチ君にも見てもらい、2人の鑑定では稚アユではないかな~というこということになりました。
 ヒサキチ君とヤス君は残り、私は7:00頃納竿です。

| | コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »