« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

西舞子漁港でとりあえずヒイカ1杯。

■場 所:神戸 西舞子漁港
■時間帯:PM 5.00~PM 6.30
■釣 果:ヒイカ1杯
■餌 木:ヤマシタ NAORY Range Hunter 1.8b 5.5gピンク
■ロッド:7フィートの振り出しのトラウトロッド
■リール:1500番クラスのスピニングリール
■ライン:ナイロン2ポンド

 西舞子漁港に、ヒイカのテスト釣行。漁港から東に突き出た波止の先端に入った。
ヒイカは私の自宅の近くでは、兵庫、垂水、舞子、明石、東二見などでは確認しているが、西舞子漁港でヒイカを狙うのは始めて。
1投目に足元で、20cmを超えていそうなアイナメらしいのが餌木を追って来たがフッキングせず。アイスジグなら食ったかも?
5:15にヒイカが中層でヒット。早々に釣れたので期待したけど後が続かず。
底にアオサの様な海藻が多いので、沈めると引っ掛かってきてしまう。
すぐ前にある、小さい一文字の際に、ロープかテグスの様なものが沈んでいて、ナオリー1ヶロスト。一文字との間に、ハネかボラらしいのがうろうろ通るし、ウミケムシまで浮いてくるし・・・
外灯があったけど、暗くてよく見えず、ヒイカが追って来ているのかと思っていたら、ライトでよく照らして見たらクサフグだった。群れでいて、何度もナオリーを追って来た。
 この場所も投光器を持参すると、ヒイカも面白いかも?しかし、この時期このあたりの場所は、やはり実績のあるメバルの方が無難かも?

Photo1128

|

2009年11月23日 (月)

神戸・塩屋東海岸波止で恐怖体験

■場 所:神戸 塩屋東海岸波止
■時間帯:PM 5:00~PM 6:10
■釣 果:ボウズ(なし)
■餌 木:ヤマシタ アオリQ 3.5号
■ロッド:9フィートのトラウトロッド
■リール:3000番クラスのスピニングリール
■ライン:PE0.8号に、フロロ2.5号のリーダー

 塩屋東海岸波止に、1人でアオリイカを狙いに行った時の恐怖の体験です。
 PM5:00前に釣り場に着いたら、ちょうど日が沈んだところ。祝日にもかかわらず釣り人が1人もいなかった。
小さな波止の先端でアオリイカを狙って釣り開始。この時期にしては気温も高めで、天気も良く1人で機嫌良く釣っていた。
しばらくして、塩屋方面から海岸を、人が1人歩いてきた。すでに暗くなり始めていたし、日の沈んだ方向なのではっきりとは見えないが、女の子の様な感じ。
私から100mほど離れた所まで来て、浜のすぐ後ろの壁際に座り込んだ。
夕焼けでも見に来ていたのかと思っていたけど、暗くなってきてもそこを動かない。
しばらくして、波打ち際へ行って座り込んだり、壁の方へもどって座ったりを繰り返すのがシルエットで見える。何か変な感じ。
この場所は西にも東にも1kmぐらい浜が続き、後ろは線路と国道と山だけという、ちょっとヘンピな所です。女の子が、暗くなっても1人でいるというのは絶対おかしい。
もし、自殺でもしに来てるんやったら、潮はそちらの方から流れてきていたし、釣ってる前に流れてきたらどうしよう。このまま帰って、明日の新聞にでも載っていたらえらいこと。そう考え出したら釣りどころではない。
いや、目には見えているけどひょっとして、霊体がさまよっているのが見えているのか?
でもそのまま帰るわけにもいかないので、ヘッドランプをつけて、恐る恐る近づいていった。
そして、少し離れたところから声をかけた。
「あの~、大丈夫ですか?」
「エッ?」
「こんな時間帯に、こんなところに1人でいるのはおかしいと思ったもので・・・」
「だいじょうぶです。」
暗がりの中で、うっすらと長い髪とセーラー服が見えた。
「だいじょうぶですよ~。」
ヘッドランプの光がその人の顔をてらしたら。
何と‼モンキッキーの様な男が女装しているではないか‼
「そ、そうですか~」といいながらその場を離れた。
自殺志願者でも、幽霊でもなく安心したけど(何とおぞましい ~)
釣り場にもどり釣りを再開したが、結局アタリもないし、やる気もなくなり、30分ほどして竿をたたんで家に帰りました。

|

2009年11月21日 (土)

須磨海づり公園西海岸、ルアーでスズキ。

■場 所:神戸 須磨海づり公園西のテトラ帯
■時間帯:AM 5:50~AM 6:50
■釣 果:スズキ 64cm 2.4kg
■ルアー:ダイワ ショアーラインシャイナーS 10.5cm
■ロッド:9フィートのトラウトロッド
■リール:3000番クラスのスピニングリール
■ライン:PE 2号に、フロロ4号のリーダー

 数日前に、散歩しながら釣り場を見てい回っていた時、塩屋東海岸の2本並んだ波止の、東波止の付け根の浅場で、50~70cmオーバーのシーバスが5~6匹うろうろしていた。
これはルアーで行けると思い本日釣行。
 土曜日のためか、波止の先端には、すでに投げ釣りの釣り人が1人入っていた。
狙いのポイント近くに釣り人が入っていたので、波止の東のテトラ帯を、東(海づり公園方向)に探って行くことにした。
 6:10にヒット。あまり大きくない、ハネクラスだったが、ハリ掛かりが浅かったのかバラし。
しばらくして、波止から東へ50mぐらい移動した所で再びヒット。潮が低かったので、テトラの前まで出ることができたので取り込みはスムーズにいった。綺麗な64cmのスズキだった。
 海づり公園の方まで東に移動しながら、ヒラメも兼ねて探るつもりでいたが、テトラ帯東側に進んでいくと投げ釣りの人が4~5人入っていたし、クーラーも持ってきていなかったので早めに納竿とした。

Photo1121

|

2009年11月18日 (水)

室津漁港、小さい餌木でヒイカ。

■場 所:播磨 室津漁港
■時間帯:PM 4:30~PM 9:30
■釣 果:ヒイカ13杯
■ルアー:ヤマシタ NAORY Range Hunter 1.8b 5.5gピンク・レッドヘッド
■ロッド:7.6フィートのトラウトロッド
■リール:1500番クラスのスピニングリール
■ライン:ナイロン4ポンド

 PM2:00前に釣友に迎えに来てもらい須磨を出発。姫路東から250号線に入り、釣具店2軒に寄り道(250号線は思ったより混んでいた)。
 岩見漁港の少し北の水路に、淡水魚のポイントを見に行たり、岩見漁港をのぞいたりしていたので、室津に到着したのは4:30頃になった。
 室津漁港の埋め立て地の、西寄りの場所に入った。平日ではあったが、釣り場に着いた時には2組のグループが入っていたし、5:00を過ぎた頃からヒイカ狙いの釣り人がどんどん入ってきた。
 発電機持参組も3組以上あって、発電機の威力は絶大という感じだった。(ライトが照らしている水面下をヒイカやセイゴがうろうろしていた)
 釣友の持参していた投光器が、トラブって使えなかったので、後から両サイドに入って来た発電機持参組の恩恵を受けました。「ありがとうございました」
 ヒイカは釣り始めてすぐ(明るい時間帯から)釣れ始め、納竿時まであきない程度に反応があった。
 暗くなって、投光器の効果が出始めると、餌木を遠くにキャスティングするよりも、足元に少し沈めて、チョンチョンと小刻みに動かしている方が効率が良かったみたい。
 釣友(烏賊名人?)は30杯も釣ってました。

Photo091118_2


|

2009年11月16日 (月)

塩屋東海岸波止でちょっと投げ釣り。

■場 所:神戸 塩屋東海岸波止(西波止)
■時間帯:AM 6:00~AM 9:30
■釣 果:カレイ25cm
■エ サ:青イソメ
■タックル:3.6mクラスの投げ竿2本
■ハ リ:ケン付き流線12号

 本日は投げ竿2本&ルアー竿1本での釣行。塩屋東海岸波止の、西の方の波止に入った。
 投げ竿2本を放り込んで置き竿にし、ルアーでシーバスを期待して探ってみた。
 ルアーにはまったく反応なし。6:30過ぎに投げ釣りの竿に小さいエソが来た。
7:00頃、アタリがなかったが、竿を持ってみたら少し重みがあったので、巻き上げたら25cmのカレイが付いていた。
その後、時々エサを取られたが結局、明確なアタリは1度もなかった。
8:00過ぎにハネらしいボイルがあり、9cmほどのウルメイワシ?の群れが水面に飛び出したがそれっきり。 9:30に納竿とした。

 前日に様子を見に来た時には、もう少し西寄りの場所で20cmクラスと、34cmのカレイを上げている人(本格派)を見かけたので、カレイがいけそう?と思っての釣行だったが、青イソメ500円分でカレイが1匹釣れたからよしとするか。

Photo091116

|

2009年11月 1日 (日)

アジュール舞子、残りのエサで投げ釣り。

■場 所:神戸 アジュール舞子
■時間帯:AM 6:00~AM 8:30
■釣 果:ベラ7匹・チャリコ2匹
■エ サ:前日の残りの青イソメ
■タックル:3.6mクラスの投げ竿2本

 前日の、淡路釣行の青イソメが半分ぐらいも残っていたので、アジュール舞子の状況テストを兼ね、原チャリで の釣行。
 チャーミングスクウェア舞子前の、サーフでの投げ釣りです。
 日曜日だったけど、浜にはエギンガーが1人来ただけで、ほとんど貸し切り状態。投げ竿2本で残りのエサを消化する。
 1投目の竿にアタリがあったので、巻き上げたら何とウミケムシ・・・
その後は飽きない程度にアタリがあり、チャリコとキュウセンベラが来た。カレイは来なかったけど、2時間半でこれやったら、前日の淡路よりええやんか・・・
 1度、ベラを取り込んでいる途中、波打ち際近くでハネらしいのが追って来た。早朝のルアーもいいかも。8:30頃エサがなくなったので納竿した。

 帰りに砂浜を歩いていたら、ハリの付いた投げ釣りの仕掛けなどが、砂浜に放置されているのが目につきました。この綺麗な砂浜は、夏になれば海水浴場となり、子供も大勢裸足で走りまわったりする所です、何処の場所でも一緒ですけど、釣りをしたらゴミはきちんと持ち帰ってもらいたいものですね。

Photo091101

|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »